成年後見制度とは

成年後見制度は2000年(平成12年)に、介護保険制度と同時に施行された法律です。措置から契約へと制度の転換に伴い作られました。

高齢化は誰にでも起こる現実です。また、認知症など判断能力が衰えることは、高齢者なら誰もが実感していることでしょう。

自らの権利を行使し、高齢者自身が豊かな生活を送るためにこそ、この制度が生まれてきたと言えます。

専門職後見人として活動している立場で、分かり易くお話し致します。