家族信託

今日は、川越公証役場で家族信託の仕事でした。

お母さんが委託者、長女さんが受託者です。

Tさんの家族信託は長女さんから相談を受けたのが5月でした。

それからお母さんのマンションに数回お伺いし、司法書士と一緒にお会いして今日、信託契約書が出来ました。スムーズに信託契約ができたケースです。

金融機関での信託口口座を開設し、信託登記をすれば一応、終わりです。

一応というのは、信託は組成してからスタートすることになるからです。

お母さんのほっとした表情をみると信託してよかったと思います。

Tさん家のような家族が増えるように、これからも家族信託を沢山の方にお伝えしていきたいと思います。