お墓について

改葬(お墓の引越し)

 改葬とは、今のお墓から新しいお墓へ遺骨の埋葬地を替えることです。

核家族や少子化の影響で、自宅近くにお墓を移したいと考える人が増加しています。

手続きとして

①移転先のお墓の管理者から「受け入れ証明書」、現在の墓地管理者から「埋蔵証明書」を受け取ります。

 

②現在の墓地の市区町村役場で「改葬許可申請書」を受け取る。

 

「受け入れ証明書」「埋蔵証明書」を提出し「改葬許可書」を現在の墓地の市区町村役場で受け取る。

 

④現在の墓地管理者に「改葬許可書」を提示し遺骨を取り出す。

 

⑤移転先の墓地管理者に「改葬許可書」を提出し遺骨を埋葬します。

 

※自治体、地域、宗派、寺院によって異なる場合もあります。

 

※我が家も、神戸のお寺から川越のお寺へと改葬したのですが、お寺さんからお経をあげていただき簡単に移すことができました。改葬を考える場合はまずお寺さんに聞かれることをお勧めいたします。

    我が家のお墓です
    我が家のお墓です

 日本には、昭和23年に制定された「墓地・埋葬等に関する法律」があり、墓地、納骨堂以外の場所に遺骨を埋葬、埋蔵してはならないと規定されています。

 お骨の置き場所が不要であると考える人や環境への配慮、自然に帰りたいとの希望に応え、平成2年「葬送の自由をすすめる会」が散骨を始めました。散骨は、法律的に許可されているわけではありません。埋葬法は、火葬と土葬を前提としており、散骨については規定がありません。散骨しようとする場合は、周辺地域の住民への配慮、環境への配慮が当然必要でしょう。

 最近は、メモリアル(記念)として墓を位置づけるという面も平成に入ってからでてきました。これにより、仏教的伝統の供養塔としての、和製三段墓や五輪塔だけでなく、形も自由になってきています。